Site search

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Site search

2014年8月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Categories

Tags

ギャップというものを演出できる人間

ギャップの演出というものは、恋愛関係を築くにはとても大事な演出であるということが言えるのですよ。

たとえば、普段の態度というものは、ひとりぼっちになろうが、恋愛相手がいまいがそんなものは関係ないなんていうような態度であり、仕事も一人でこなし、誰の手も借りないなんていうような断固たる決意を見せているにも関わらず、二人でいるときにはまったくそんな顔を見せることはない。

こんな状態を見せられれば男性はその相手に恋愛感情を持たさざるを得なくなります。

人はどんなときに恋愛感情というものを抱くのか?
それは他人の前とは違うような顔を自分の目の前では見せてくれる人間ではないでしょうか?

恋愛関係を築くにあたり、普段見せている顔とのギャップというものを演出できる人間は、恋愛関係を築くことは非常に上手であるといえますよ。

男性という生き物は本来甘えてもらいたいと思う生き物なんですよね。

女性というものに、そして他人というものに頼りにされるということをすることで初めて自分の存在意義というものを知ることになるのですよ。

実感といってもいいでしょうかね。
逆にこれがないと、これが満たされないと、自分の存在意義というものを確認することができないということが言えるわけです。

注意が必要

同性の友達のかずが異性の友達よりも少ないなんていうような特徴がある男性とは、恋愛関係はあまり築かない方が正解かもしれませんよ。

こういう男性は、過去の恋愛相手というものを友達としている場合も考えられますよ。

人間そこまで割り切れるものではないんですよね。

過去の恋愛相手が幸せそうにしていると嫉妬という感情を抱く傾向にありますし、それを壊したくなるなんていうような特徴を持った人間もいるでしょうね。

遊び友達が異性の友達ばかりなんていうような男性は、常に、新しい女性に目移りしている可能性が非常に高いのですよ。

女性らしい気質を好きな男性も確かにいます。

女性の付き合い方というものは、横一線のつきあいかた。
男性の縦社会のように、上も下もないつきあいかたがほとんどなのですから、これが楽だと考える男性も増えていることは確かなんですよね。


しかし、そこで確実に恋愛感情というものが生まれないか?といえば、そこはやはり男と女…。

ひょんなことから体の関係を結んでしまう場合だって多くあるわけですよ。

男性は好きという感情がなくても、体の関係を築くことはできるんですよね。

だからこそ同性の友達とつるむのではなく、女性の友達ばかりと遊んでいる男性というのは注意が必要なのですよ。

時間を作れない男性

なかなか時間を作れない男性というものがいます。
恋愛関係も長くなれば、恋愛の優先順位度というものがどんどんと下がっていってしまうことはよくあるものですよ。

仕事に熱中する。
趣味に没頭する。
恋愛にかまけている暇などないという風に思ってしまうのですよ。

こういう男性の態度に不満を抱く女性も少なくはありません。
そんなときには、なんでメールくれないの?とか最近ぜんぜん会ってくれないから寂しいんだけど…。
仕事と私とどっちが大事なのよ?
なんてことを言ってもまったくの逆効果。

面倒な女性だなとか重い女だななんていうような印象を抱かれるので、こんなセリフをいうのは避けておいたほうが無難だと言えるのですよ。

こんなときには、男性が興味を持っているようなことをメールなどにしてアピールし、単純に接触する回数を増やすことを目指しましょう。

スポーツが好きならば、今日◎◎くんの好きな野球チーム勝ってたよね?
なんていうメールを送ってみる。

自分に興味のあるようなことならば、相手もストレスなく返してくれることでしょう。

たとえ会えなくても、こういったもので相手とのコンタクトを取ることは可能です。
そのまま放置して不満をためるよりも、こんな風に相手が興味のあるんものを出汁にして接触を図ることが大事なのですよ。

男性を仕事だけに集中させることができないという女性

一般的には、高嶺の花的な女性には男性の誰もがあこがれると思いがちですよね?

しかしながら一概にそうとは言えないんですよ。

特に結婚に関して言えば、誰が見ても綺麗だったり美しいなんて恋愛経験が豊富そうな女性よりも地味目の女性を選ぶという傾向があるんです。

これにはしっかりとした理由があります。

一般的に男性は家庭にやすらぎというものを求めます。

つまり男性の中で家庭は安らげる場所でなければならないということ。

女性はサポート役であって欲しいと願っているものなんです。
そして自分は仕事に集中できる環境にありたいと思うわけです。

男性を駄目にしてしまう女性の多くは、男性を仕事だけに集中させることができないという女性なんですね。

男性の心配ごとの多くは、パートナーの浮気です。

仕事に集中するがゆえに、パートナーに対してのコミュニケーションが希薄になってしまう。

それに不満を抱き、別の異性へと興味を映らせるようでは男性は心配でたまらないのですよ。

外見が魅力的であればあるほどに、こういった心配は増えるわけです。

だからこそ結婚のパートナーには、地味目で目立たないような女性を選ぶ男性が多い。

あまりに異性を刺激しすぎるような女性は、それが原因で結婚相手にされないパターンも存在しているのですよ。

笑顔の大切さ

女性の笑顔というものは男性の心を鷲掴みにするということがわかっています。

男性は笑顔よりも、真剣な表情をした方が女性の恋愛感情を刺激することができるということがわかっています。

しかしながら、これは初対面の人間にはあまり通用しません。

何度も顔をあわせる人間ならば、普段とは違う顔というものを見せることができ、笑顔とのギャップというものも演出できるので、恋愛テクニックとしての効果があるということが挙げられます。

しかしなかなか顔を合わせられない環境にいるような人間や、初対面である場合の人間には、この方法は通用しないことになります。

やはり第一印象というものを考えたときには「話しかけやすい」というような印象を持ってもらうためにも、男性でも笑顔なんていうようなものを見せる必要がありますよ。

何気なく視線を合わせたときに見せられる爽やかな笑顔は男性の笑顔にあまり心を動かされることはないとされている女性でもさすがにキュンと心を動かされてしまうようですよ。

初対面である人間や、あまり顔をあわせることのない人間に対しては、こういう笑顔というものを見せることによって、恋愛感情をもたせることができるのですよ。
頭に入れておきましょうね。

笑顔とほめ言葉

笑顔というものに騙されてはいけません。
女性は笑顔を武器に色々な人間関係を形成しようとするのですから。

だからこそ笑顔で話かけているだけなのに、それを好意として、恋愛感情として勘違いしてしまうことになってしまうのですよ。

恋愛関係というものを築くには、こうい勘違いというものは避けた方がいいとされていますよ。

また勘違いの典型として、社交辞令の褒め言葉に過剰なくらいに反応してしまう男性もいるのです。

おー!初めまして!こんにちは!の代わりに、かっこいいよね~♪よろしく♪みたいな言葉をいう人間だっているのですよ。

こういうことを真に受けて、あれ?もしかしてこの子俺に気がある?と思ってしまうとアウト!完全な社交辞令に勘違いしているということになってしまうんですよね。

笑顔や社交辞令の褒め言葉というものは、恋愛感情を感じさせるためには、とても大事な道具だと言ってもいいでしょうね。

しかしながら、これを間に受けてしまうと、はっきりいって自意識過剰な男。

逆に女性はこれを利用してしまうことで、恋愛感情を刺激することになりますから、恋愛関係を築くためには必要な方法とも言えるのですよ。

勘違いさせるには、笑顔とほめ言葉。
これを覚えておきましょうね。

自分を上の存在でありたいというような気持ち

恋愛関係というものを築くことが出来無い要因は、やはりモテるかモテないかということ。

万人に注目を集め、好感を持ってもらうことができなければ、
コミュニケーションをとってくれる絶対数というものが変わってくることになるからです。

モテ男になることができれば、恋愛関係を築くことは簡単にできるはずなのです。

もちろん最初の好感が、ある些細な行動を取ることによって、逆に嫌悪感に変わることだってあるのですよ。

たとえば女性ウケの悪いモテない男の条件として挙げられるのは、自分の知らないことでも知っているような素振りをするいわゆる「知ったかぶりをする男」ですね。

遊びや会話の中でいつも自分が中心でいなければ気が済まないというタイプの男性であったり、そのプライドというものが高すぎるような男性であると他人よりも上で在りたいと思うがためにより知識の多い人間であることをアピールするために、知っているふりをするのですよ。

見栄っ張りな男性であるとも言えますよね?

とにかく自分を上の存在でありたいというような気持ちが強すぎるのです。

たかが知識をいっぱい有しているところで、尊敬を集めることは少ないのです。

いざ突っ込んだ質問をしてみれば、ボロが出るのは当然なのですから、そこでの信頼を失うことを考えれば、素直に何の話?知らないから教えてよ?ということが大切ですね。

ダメな部分

男性の言いなりに何でもなってしまうような女性は、ダメな男性に引っかかってしまうことが多いのですよ。

男性というものに好意というものを抱くと、男性の要求のままにすべてを受け入れてしまうような女性というものがいます。

このタイプの女性はダメな男を引き寄せます。
引き寄せるのではなく、ダメな男を作り上げると言ったほうが正しいかもしれません。

人間は長所も短所もある。
これは誰もが知っていることですよね?

しかし、ダメな部分というものをただ受け入れるだけではダメなのですよ。

それを改善するように指摘することも優しさです。
何よりも恋愛関係を築き長く愛情を育むには、お互いが成長しなければなりません。

相手のワガママをそのまま受け入れてしまい、なんでもかんでも受け入れるというような姿勢は、この成長というものをストップさせてしまいます。

体を許すことも同様ですよ。
嫌なときは嫌だと告げましょう。

デートが外ではなく家のなかだけというようなことに不満があるならば、それに対して不満を相手に告げましょう。

ダメなものはダメ。
嫌なものは嫌だ。
これを相手に告げることはとても大事なのです。

なんでも受け入れると、ダメな部分も納得していると勘違いされます。
これでは成長はないのですよ。

男性が理論を振りかざす理由

男性という生きものは論理的な思考を持っています。
対する女性というものは、感情的であると言われていますよね?
女性は男性の典型的なこういった行動や思考回路というものを理解出来ないということをよく挙げることがありますよ。

男性というものが他人と争うときに感情的にはならないなんてことはありません。
イラっとするときはイラっとするし、泣きたいときや、大声を出して相手を罵倒したいなんて衝動は男性にも起きるのです。

しかし男性はなぜこういう行動をしないのか?
それは男性はその感情を理性というものを有しているというプライドを保ちたいという感情が働くからなんですよ。

つまり感情的な相手に対して感情的になっている自分というものがダサイと思うわけですよ。
このプライドが消えないから敢えて理性というものを働かせ、その感情を抑えるために、というよりもごまかすために理論的な言動を振るうわけですよ。

男性は本来女性よりも打たれ弱い心を持っている人間なんです。

感情のぶつけ合いでは勝てないし、それが格好悪いと感じるものなんですよね。
つまり男性が理論を振りかざすのは、勝つことのできない女性への唯一の対抗方法だということなんですね。


これを覚えておきましょうね。

思考が頭をよぎる

男性が自分の恋愛相手や結婚相手が妊娠をした時、口には出さずとも、必ず頭をよぎることがあります。

それは本当に自分のこどもなのか?ということ。
女性はショックを受けるでしょうが、これは男性の本能といってもいいでしょう。

ふざけるなと女性からの声が聞こえてきそうですが、それは勘弁してあげてください。

女性の場合であれば、自分のお腹の中で10ヶ月も生活を共にし、そして自分のお腹から生まれでてくるわけですから、自分の子であるという確信を得られるのは簡単です。

しかし男性はその作業ができないためにその確信というものがモテません。

特に女性が魅力的であればあるほど、多くの男性を引き寄せる能力があればあるほど、自分のこどもであるという確信がモテないのですよ。

実はアメリカのある機関の調査によると、アメリカ国内で約1割、そしてその他の国でも5パーセントから20パーセントの確率で、父親と子供の遺伝子が違っているという結果が出ています。

つまり自分のこどもではない子を自分の子供と錯覚し、育てている父親がいるということなんですね。

この現実が実際にあるのですから、男性が本能的に口にはしなくても、それ思考が頭をよぎってしうまうのは仕方のないことなのですよ。